初の個展やります!みんな来てね!

BLOG

先日、ガラスペンの修理に二階堂に行った時のこと。
久しぶりに、「奥鎌倉おりぜ」さんに寄った。おりぜさんは黒板マーケティングLABの仲間であり、丁寧でとても美味しいご飯をいつでも食べられるお店だ。一人でふらりと寄って、美味しい日本酒とおつまみも昼間から嗜める。私が下戸でなければ、どんなにいいだろう。店主のほなみさんもお酒好きの美味しいもの好き…ということで、センスの良いメニューがラインナップされている。

以前おりぜさんに寄った時に、かなり大きいサイズの写真をアルミ板に焼き付けた作品の展示をされていた。その前にも、雑貨や絵画の個展をしていたとのこと。高円寺でのグループ展が無事に終了し「来年はどこかのタイミングでえいっと、個展ができたらいいな」という想いが浮かんできて、それを次の大きい目標にしようと考えていた。

場所が鎌倉だったら一番いいな。そして来てくださった方が美味しいものを食べることもできて、ゆったり時間を過ごせたらなおのこと良い。そうだ、ほなみさんに私でも展示が可能なのか、聞いてみよう…と思った。

その日、カウンターにはお年寄りが一人で2杯目の日本酒を飲みながら鶏肉のおつまみを食べていらした。そして最後にハーフカレーの〆め。ほなみさんが仕込んだ調味料がたっぷり入った特別のもの。ハーフのけんちんうどんもあるなんて、どんなに飲兵衛の心を掴むお店なのか。「軽く何か食べたい」という小腹需要にもぴったり。もちろん、ほとんどの人が注文している、美味しい小鉢から魚か肉のメイン、けんちん汁とほなみさんお手製のデザートが並ぶ御膳も素晴らしい。

展示って、どんな条件だったらできるんですか…?と私もハーフカレーをいただきながら聞いてみた。

レールで吊るせる壁から、雑貨を置く棚、モビールのようなものなら窓辺に展示できるし、トイレの壁面まで全部使って良いという。以前の展示の写真を見せてもらいながらワクワクと、怖い気持ちが同時に襲ってくる。うーーん。でも2022年の目標にするならできるかな。

「やりましょうよ。いつにします?」とほなみさん。「デンマークっていつでしたっけ?」
ギリギリまでコロナの状況で確定はしないものの、予定通りなら3月の4週目からだ。「じゃあ、デンマークの前にしませんか?」

…えー。えええー!それは思った以上に急なことだなー。でも、やればできるかもしれない。それに、年が明けたと同時に始まるのはなんだか幸先が良い。一気呵成。そこに力が宿ることを知ってる。じゃあ、やりまーす!

ということで、年明け1月6日から31日、「にじみ絵の世界 宮城景花 ガラスペン画展」を開催いたします。1月8日(土)にはオープニングパーティーのような催しを、そして会期中にはガラスペン画にじっくり向き合えるワークショップを考えています。

おりぜさんの場所は、私がガラスペンを購入しているグラススタジオ・オーゴさんのすぐ近く!だから、その足でガラスペンを買いに行くこともできます😊

来年の1月は、遠方の方も是非鎌倉旅行をご検討くださいね。(お店は火・水が定休日です。詳しい在廊日やスケジュールは後日またお知らせします)